「昭和40年男2018年8月号特集俺たちを虜にした昭和洋楽」を買ってきた

 「昭和40年男2018年8月号特集俺たちを虜にした昭和洋楽」を発売日に買ってきました。

 第1特集は「俺たちを虜にした昭和洋楽」

 残念ながら私は洋楽をあまり聴いてきませんでした、歌詞の意味が分からない曲が苦手でして〔英語は大の苦手、そのほかの言語はもっと判りません〕。

 アバやノーランズは聞いていた事がありますが・・・マイケル・ジャクソンやマドンナの有名な曲は耳に入りましたから知っています。この特集で大きく取り上げられているようなアーティストは知ってますよ、でも詳しくない。

 「洋楽ビジュアルの伝道師・江口寿史インタビュー‐マンガの中の洋楽」・・・「ストップひばりくん!」にはいろいろ出てましたよね、懐かしいです。

 「ブラウン管の中の洋楽」・・・「プロレスラーの入場テーマ曲」これはプロレス好きなので聞いてましたね。ミル・マスカラスのテーマ曲「スカイハイ」やロード・ウォーリアーズの「アイアン・マン」はインパクト大。高校時代に洋楽好きでバンドをやっていてミリオタでアニオタで何の関わりもない私と関係なさそうな友人との接点はプロレスでしたね。

 「日本独自の帯文化」・・・これは興味深いです。

 

  第2特集は昭和52年、日本赤軍によるハイジャックや青酸カリ入りコーラ事件があった年です。

 「どっきりシール」・・・そう言えばあったなぁ〜。

 「奥寺康彦がドイツブンデスリーガに日本人初挑戦」・・・サッカー好きな友人が興奮してた、でも「奥寺一人じゃワールドカップ出場は無理だ」とも。

 「ロッキー」・・・今でもテーマ曲はよく流れます。

 「アメリカ横断ウルトラクイズ」・・・大学生になったら出ようと思っていたが大学生になったときには自分に体力と反射神経と運がない事に気付いて断念した。

 「テキサス・ブロンコ不屈の魂」・・・テリー・ファンクの記事、人気あったよね。特にザ・ファンクスvsブッチャー・シークの抗争は凄かったよね。あの頃、後になってブッチャーがあんなに人気が出るとは思わなかった。

 

 そのほかの記事から。

 「もの忘れの不都合な真実」・・・父が認知症になった私にとって「もの忘れ」は恐怖。この年になると記憶力が落ちてきて余計に恐怖。

 「HOBBY ROAD〔最終回〕トミカ」・・・懐かしいですね。トミカの出る前は舶来マッチボックスのミニカーが主流でしたね〔ちょっと高かった〕。トミカビルも持っていた・・・みんな親戚の子どもにあげちゃった、置いとけば良かったかな・・・でもよく遊んだのでボロボロだったけど。

 

 この号で「昭和40年男」も50号です。よく続いてます。

 連載の最終回が多いのが気になります。今までの経験上、連載が同時に多数終わると雑誌の雰囲気が変わったり雑誌が潰れたりして不安になるんですよね・・・今の空気が変わらない事を期待します。

「プラド美術館展」を観てきた・その2

ta283.hatenablog.com

の続きです。

 前回、紹介できなかった絵についてです。

 「王太子バルタサール・カルロス騎馬像」ディエゴ・ベラスケス・・・王太子カルロスが5〜6歳の馬上の姿、ベラスケスの名作の一つであります。幼いながらも指揮棒を手にして馬を乗りこなしております。鑑賞者が見上げる位置に掲げる事を計算して馬の胴体を太めにするなどの工夫がしてあります。いかにも良い血族の「おぼっちゃま」の言う感じが良く出ています。しかし図録によるとバルタサール・カルロスは16歳の若さで亡くなられたそうです。

 「視覚と嗅覚」ヤン・ブリューゲル〔父〕、ヘンドリク・ファン・バーレン、ヘラルト・セーヘルスら・・・合作です。画面いっぱいに額装された絵画とテーブルを囲む女性と天使〔子供?〕が描かれています。美術館かコレクション置き場か、それにしては女性と子供・・・寓意画なんだろうけど・・・博物学を寓意的に表したらこんな感じになるのかな・・・よく判らないけど気になる絵です。

 「巨大な男性頭部」ビセンテ・カルドゥーチェに帰属・・・246×205cmのキャンバスに男性の巨大な頭部の絵。「王妃の間」を守るために掲げられていて門番の代わりになっていたと言います。確かに少し横目で睨みつける眼差しはインパクト大ですね、とにかく迫力があります。

 「音楽にくつろぐヴィーナス」ティッィアーノ・ヴォチェッリオ・・・有名な女性裸体画の一つであります。女神として理想化されているわけでも神格化されているわけでもなく「人間の女性」のようにヴィーナスが描かれています。その上、ヴィーナスである事を示す伝統的な事物も無しです。オルガンを弾く男性がヴィーナスを覗き込む姿がなんとも言えません。

 「犬と肉の寓話」パウロ・デ・フォス・・・イソップ寓話からの作品。肉をくわえた犬が橋を渡っていると水面に映った自分の姿を他の犬と勘違いをし肉を奪おうとして口を開けたら肉を水面に落としてしまったというエピーソードを絵画化しています。肉を落とした犬の驚いたよう表情が良いです。

 

 今回の展覧会は図録が2種類出ています。

 公式図録2700円とミニ図録1300円です。公式図録は大判で各絵画の詳しい解説付き。ミニ図録は展示全作品が掲載されていますが解説は簡単なもの、大きさも文庫の1.5倍ぐらいですね。今回、私はミニ図録を買いました・・・大判を買うと置く場所に困るんですよね、結構買ってますから、最近はわほどのお気に入りがない限り図録は買わないようにしております・・・今回は微妙なのでミニ図録にしました。

 でも一級の油絵が揃っている展覧会なので良い展覧会でした。

「プラド美術館展」を観てきた

 兵庫県立美術館で開催中の「プラド美術館展‐ベラスケスと絵画の栄光」を6月23日に観てきました。

www.artm.pref.hyogo.jp

 当日はあいにくの天候の割に人が多いと思ったら、まだ「ジブリの大博覧会」が開催されており、こちらの方が行列でした。土曜なのにプラド美術館展は普通の人の数でゆっくり鑑賞する事が出来ました。

 さて今回の展覧会、スペインが一番好調だった17世紀に歴代スペイン国王が集めた絵画が中心です。ベラスケスの絵が5点も来ているのも注目点ですね。

 テーマは「芸術」「知識」「神話」「宮廷」「風景」「静物」「宗教」「芸術理論」と分けられています。17世紀作品が中心なので「絵に描いたような油絵」ばかりです。

 この中から個人的に気になった絵を幾つか・・・

 「聖ベルナルドゥスと聖母」アロンソ・カーノ・・・聖母マリア彫像に「あなたの母たる事をお示しください」と聖ベルナルドゥス、それに答えた聖母マリア彫像が母乳を聖ベルナルドゥスにかける構図、これは色々な意味で不思議で興味深いですね。

 「マルスディエゴ・ベラスケス・・・軍神マルスですが武具を脱いで、ほぼ裸の状態でベットに座り込む構図〔兜はかぶったまま〕、勇ましい軍神像とはかけ離れております、ベッド上で一戦交えた後みたいな絵になっていますね・・・解説によると「鎧を脱いだ軍神=平和」の象徴として描かれているという事。

ブリュッセルのオメガングもしくは鸚鵡の祝祭:職業組合の行列」デニス・ファン・アルスロート・・・131×382.8cmの大作。とても細かく描かれた職業組合の行列、組合の先頭の人はそれぞれの組合を象徴する飾りを棒の先につけて行進しています。それを建物の窓からのぞく人まで描かれていますね・・・細かく観ていたら、この絵だけで時間が過ぎてしまいそうです。

 

 と言うわけで今回はこれまで。まだまだ紹介したい絵がありますので次回に続きます〔いつ書くかは未定、感想が頭に強く残っているうちに・・・〕。

世界の名機シリーズ「ダッソーラファール」を買ってきた

 「世界の名機シリーズ・ダッソーラファール」イカロス出版を買ってきました。

 独自の道を進むフランスの戦闘機です。

 執筆と写真は徳永克彦さんと青木謙知さんがメインです。

 丸ごと一冊フランスの機体の本は珍しいのでありがたい限りです。

 巻頭は徳永克彦さんによる美しい空撮です、スペシャルマーキングの「モンスタータイガー」のラファールC格好いいですね。

 本文は実力・エアフレーム・コクピット・エンジン・センサー・ウエポンとポッド・開発と進化・各型とアップデート・世界のラファール購入国・フランス空軍のラファール部隊・生産体制・艦上機としてのラファール・ラファールと実戦〔徳永克彦さん〕・ダッソーデルタ翼となっています、これだけあればラファールの基本はおさえられますね。

 日頃おなじみのアメリカ系ともロシア系ともフランス以外のヨーロッパ系〔イギリスやドイツ〕とも違うのがフランス機、特にウエポンシステムはフランス開発が多いので良い資料〔それでもアメリカ製も多い〕。

 アップデートされた各型やフランス以外の使用国、生産体制も貴重な資料。紙の図面もモックアップも無しで作られたのは初めて知りました。

 最初にも書きましたがフランス機まるまる一冊の本は珍しいし航空雑誌の特集でもあまりないので本当にありがたい限りです〔洋書でもフランス語以外の本は少ないようです〕。

 ラファールの基本を知りたい人にはピッタリ出ないかと思います。フランスは海外紛争に出撃する事も多いのでデータを知るにも良いです。

 

 このイカロス社「世界の名機シリーズ」は現用機を中心に1機種1冊をまとめています。文林堂の「世界の傑作機」は使用が終わった機種が中心・・・この辺を上手く棲み分けていただければ飛行機好きには嬉しい限り。

 でも、この二つのシリーズの編み目から抜ける機体がありますよね。

 例えば第一次大戦の機体、洋書の「In Action」シリーズではフォッカーDr.1などは取り上げられてますが日本でないですよね、1冊で第一次大戦の主要機体全部を解説した本はありますが・・・。

 今回の「世界の名機シリーズ」は珍しくフランス機でしたがフランスやイタリアの機体も資料少ないですね・・・マッキC200、202シリーズやフランスのモラーヌ・ソルニエM.S.406ぐらいは・・・お願いします。世界の名機シリーズでは「ミラージュ2000」だけ世界の傑作機〔赤版〕では「ミラージュIII」ぐらいですね・・・「売れない」と言われれば返す言葉がないんですけどね、「シーヴィクセン」が出る時代ですから〔「シーヴィクセン」の出版はありがたいです、買いました〕・・・是非是非お願いします。日頃あまり日の当たらない練習機・輸送機などもお願いしたいですね。こちらも予算の都合があるので大量に出されても困るというのもあるんですけど。

 あんまり関係の無い注文ばかり書いてしまいましたが、この「ラファール」は良い本だと思います。  

「大正ロマン昭和モダン‐竹久夢二・高畠華宵とその時代」展に行ってきた

 本日〔6月16日〕「大正ロマン昭和モダン‐竹久夢二高畠華宵とその時代」神戸ファッション美術館に行ってきました。

 

www.fashionmuseum.or.jp

 大正から昭和にかけて活躍された画家の作品を展示する展覧会であります。

 タイトルに上がっている竹久夢二高畠華宵だけでなく蕗谷虹児中原淳一、橘小夢、岩田専太郎など同時代に多くの挿絵等を描かれた人の作品が展示されています。

 最初に展示されているのは高畠華宵です。美少年美少女を描かせたら当時一番人気だったと言われています・・・絵の特徴は「目」ですね、キリッとした細い目が涼やかなのが特徴です。

 中原淳一は洋装がやっぱり良いですね、和装〔「娘十二ヶ月」11点が展示されています〕は、ちょっとアンバランス。あの目の描き方は洋装がピッタリ、とってもお洒落になります。

 竹久夢二はやっぱり竹久夢二、この世界観は竹久夢二にしか出せません。

 岩田専太郎の絵を見たのは初めてかな・・・名前はよく聞きますが。

 松本かつぢの「少女の友」に掲載された「アリゾナの緋薔薇」の挿絵は格好いい。

 他にも川西英や鏑木清方伊東深水などの絵も展示されています。展示総数は200点を超えています〔掲載された雑誌などを含みます〕。

 

 入館料500円ですから大正から昭和にかけての大衆文化の一端をこれだけ見られれば十分だと思われます。

 個人的には満足しております。

「昭和40年男2018年6月号特集パストフューチャー」を買ってきた

「昭和40年男2018年6月号特集パストフューチャー」を買ってきました。

 前半の特集は「パストフューチャー〜俺たちの憧れた未来〜」です。昔の未来予想ですね。最初から1965年から3978年に至るまでの未来予想と現実に起こった事比較年表、予想だと2018年は「異星間の交流が進み、地球は観光惑星となっている〔21エモン〕」になっています、現実には異星人との交流はないですね〔キャーティアはいつ来るんだろう〕。

 「パストフューチャー感覚とデザイン」・・・20世紀の最初の頃に描かれた未来予想の絵は綺麗です、ちゃんと映画「メトロポリス」の一場面も載っていて良いです。流線型は格好いいな。

 「未来の原体験、少年誌のSFパノラマ」・・・昔の少年雑誌の巻頭カラーにはよく載ってましたね、小松崎茂さんや伊藤展安さん・・・コンピューターだけは現実の方が進んでる気がする。

 「万博と太陽の塔」・・・懐かしい。行ったんですよね、でも小さい子供だったので人が多かった事しか覚えてないんですよね。国立民族学博物館に行くときに太陽の塔は必ず見てます。

 「未来少年コナン」・・・コナン無双の世界。

 「秘宝館のエロ未来」・・・2ページじゃもったいない。

 「ディストピアの予見が与えた影響」・・・「マッド・マックス」と「スター・ウォーズ」の対比。2001年を過ぎたけど「2001年宇宙の旅」は実現してない。

 「俺たちの架空博士列伝」・・・「ヤマト」の真田さんと「ガッチャマン」の南部孝三郎博士が好き。

 特集の最後に「空想科学エネルギーと物質編」です。

 

 第2特集は「昭和59年」です・・・グリコ・森永事件が始まった年です。

 「2代目タイガーマスク全日本に登場」・・・この雑誌お約束のプロレス記事〔大好きです〕。最初は佐山サトルを引き抜くつもりだったんですね・・・2代目も急遽決まってマスクもガウンも間に合わず〔マントが日テレの倉庫にあったミス・ユニバースで使ったマントを流用したとは・・・〕。三沢光晴にとってタイガーマスク時代が修業時代というのは、なるほどと思う。

 

 他の記事から

 「感染症にかからないための予防接種」・・・はしかが流行る今日この頃、いろいろ心配だな・・・はにかに罹ってないし、予防注射は一回しかしてないからね、どうしたもんだろう。気になるのはヘルペスも・・・。

 「俺たちのアイドル・立見里歌」・・・「ニャンギラス」ですね、懐かしい・・・私はおニャン子クラブでは河合その子さんが好きでした。

 そう言えば編集後記無かったな・・・。

「10年ひとむかしと人は」と「小磯良平と吉原治良」展に行ってきた

 昨日〔5月4日〕、兵庫県立美術館で開催されている「10年ひとむかしと人はいう展」と「小磯良平吉原治良展」を見てきました。

 「小磯良平吉原治良」は特別展、「10年ひとむかしと人はいう展」は県美プレミアムです。

 

www.artm.pref.hyogo.jp

www.artm.pref.hyogo.jp

 小磯良平吉原治良、片方は具象画家の大巨匠、絵に描いたような油絵を描く画家。もう片方は日本の抽象画家のパイオニアの一人です。でも二人は同じ時期に生まれ同じ神戸・阪神間を中心に活動をしているという共通点があります。

 この小磯良平吉原治良の二人を時代を追っていくのがこの作品展です。最初に二人が若いときに描いた自画像、この頃にはあまり差もなく普通の自画像であります。ところが徐々に吉原治良の作品が抽象画に傾いていきます・・・時代を追った展示なので判りやすいです、抽象画と言っても時代を追って作風が変わっていくのもよく判ります。最晩年〔1971年〕に描かれた布にアクリルで描かれた作品A〜Cはシンプルな上にインパクトがあります。もう一人の主役の小磯良平も同じように具象を描いているようで徐々に変化していきます、最初の頃はしっかり描き込みがあるのですが晩年になると描き込みが減りシンプルな描き方に変わっていきます。これだけの作品を時代別に並べると判りやすいです。

 

 続いて「10年ひとむかしと人はいう展」です。今から10年前の2008年から10年ごと〔1998、1988、1978・・・1918年まで〕遡って、おのおのの年に作られた作品を展示するという変わった展覧会です。

 これが結構良かったです。絵画だけじゃ無く写真や彫刻も展示してありますし日本の作品も海外の作品もあります〔デュシャンやダリ、エゴン・シーレ等〕。特に戦前の写真作品は良いですね〔個人的な好み〕。知らない作家の作家も見られました。1918、1928に好きな作品が多かったです〔人間が古いのか?〕。これの図録が無かったのは大変残念、作品リストだけじゃ後で思い出せない〔「小磯良平吉原治良」展の図録は買いませんでした・・ごめんなさい〕。

 この展覧会を見る注意手の一つ・・・3階で「小磯良平吉原治良展」を見終わって2階から見始めると失敗します。1階から見ましょう・・・1階の入り口が2008年の作品でスタート地点です〔私は2階から入ったので途中の時代から見てしまいました・・・苦笑〕

 二つの展覧会をセットで見ると20世紀から日本の美術の変化が少し判ります、二つ併せて良い展覧会でした。

 

 ちなみに「ジブリの大博覧会」もやっていたんですが思いっきり行列していたので見ませんでした。

 

www.ytv.co.jp

 祝日だから混みますよね・・・ジブリだもの。私だってアニオタだから空いてたら見たかったです。