「昭和40年男2018年6月号特集パストフューチャー」を買ってきた

「昭和40年男2018年6月号特集パストフューチャー」を買ってきました。

 前半の特集は「パストフューチャー〜俺たちの憧れた未来〜」です。昔の未来予想ですね。最初から1965年から3978年に至るまでの未来予想と現実に起こった事比較年表、予想だと2018年は「異星間の交流が進み、地球は観光惑星となっている〔21エモン〕」になっています、現実には異星人との交流はないですね〔キャーティアはいつ来るんだろう〕。

 「パストフューチャー感覚とデザイン」・・・20世紀の最初の頃に描かれた未来予想の絵は綺麗です、ちゃんと映画「メトロポリス」の一場面も載っていて良いです。流線型は格好いいな。

 「未来の原体験、少年誌のSFパノラマ」・・・昔の少年雑誌の巻頭カラーにはよく載ってましたね、小松崎茂さんや伊藤展安さん・・・コンピューターだけは現実の方が進んでる気がする。

 「万博と太陽の塔」・・・懐かしい。行ったんですよね、でも小さい子供だったので人が多かった事しか覚えてないんですよね。国立民族学博物館に行くときに太陽の塔は必ず見てます。

 「未来少年コナン」・・・コナン無双の世界。

 「秘宝館のエロ未来」・・・2ページじゃもったいない。

 「ディストピアの予見が与えた影響」・・・「マッド・マックス」と「スター・ウォーズ」の対比。2001年を過ぎたけど「2001年宇宙の旅」は実現してない。

 「俺たちの架空博士列伝」・・・「ヤマト」の真田さんと「ガッチャマン」の南部孝三郎博士が好き。

 特集の最後に「空想科学エネルギーと物質編」です。

 

 第2特集は「昭和59年」です・・・グリコ・森永事件が始まった年です。

 「2代目タイガーマスク全日本に登場」・・・この雑誌お約束のプロレス記事〔大好きです〕。最初は佐山サトルを引き抜くつもりだったんですね・・・2代目も急遽決まってマスクもガウンも間に合わず〔マントが日テレの倉庫にあったミス・ユニバースで使ったマントを流用したとは・・・〕。三沢光晴にとってタイガーマスク時代が修業時代というのは、なるほどと思う。

 

 他の記事から

 「感染症にかからないための予防接種」・・・はしかが流行る今日この頃、いろいろ心配だな・・・はにかに罹ってないし、予防注射は一回しかしてないからね、どうしたもんだろう。気になるのはヘルペスも・・・。

 「俺たちのアイドル・立見里歌」・・・「ニャンギラス」ですね、懐かしい・・・私はおニャン子クラブでは河合その子さんが好きでした。

 そう言えば編集後記無かったな・・・。

「10年ひとむかしと人は」と「小磯良平と吉原治良」展に行ってきた

 昨日〔5月4日〕、兵庫県立美術館で開催されている「10年ひとむかしと人はいう展」と「小磯良平吉原治良展」を見てきました。

 「小磯良平吉原治良」は特別展、「10年ひとむかしと人はいう展」は県美プレミアムです。

 

www.artm.pref.hyogo.jp

www.artm.pref.hyogo.jp

 小磯良平吉原治良、片方は具象画家の大巨匠、絵に描いたような油絵を描く画家。もう片方は日本の抽象画家のパイオニアの一人です。でも二人は同じ時期に生まれ同じ神戸・阪神間を中心に活動をしているという共通点があります。

 この小磯良平吉原治良の二人を時代を追っていくのがこの作品展です。最初に二人が若いときに描いた自画像、この頃にはあまり差もなく普通の自画像であります。ところが徐々に吉原治良の作品が抽象画に傾いていきます・・・時代を追った展示なので判りやすいです、抽象画と言っても時代を追って作風が変わっていくのもよく判ります。最晩年〔1971年〕に描かれた布にアクリルで描かれた作品A〜Cはシンプルな上にインパクトがあります。もう一人の主役の小磯良平も同じように具象を描いているようで徐々に変化していきます、最初の頃はしっかり描き込みがあるのですが晩年になると描き込みが減りシンプルな描き方に変わっていきます。これだけの作品を時代別に並べると判りやすいです。

 

 続いて「10年ひとむかしと人はいう展」です。今から10年前の2008年から10年ごと〔1998、1988、1978・・・1918年まで〕遡って、おのおのの年に作られた作品を展示するという変わった展覧会です。

 これが結構良かったです。絵画だけじゃ無く写真や彫刻も展示してありますし日本の作品も海外の作品もあります〔デュシャンやダリ、エゴン・シーレ等〕。特に戦前の写真作品は良いですね〔個人的な好み〕。知らない作家の作家も見られました。1918、1928に好きな作品が多かったです〔人間が古いのか?〕。これの図録が無かったのは大変残念、作品リストだけじゃ後で思い出せない〔「小磯良平吉原治良」展の図録は買いませんでした・・ごめんなさい〕。

 この展覧会を見る注意手の一つ・・・3階で「小磯良平吉原治良展」を見終わって2階から見始めると失敗します。1階から見ましょう・・・1階の入り口が2008年の作品でスタート地点です〔私は2階から入ったので途中の時代から見てしまいました・・・苦笑〕

 二つの展覧会をセットで見ると20世紀から日本の美術の変化が少し判ります、二つ併せて良い展覧会でした。

 

 ちなみに「ジブリの大博覧会」もやっていたんですが思いっきり行列していたので見ませんでした。

 

www.ytv.co.jp

 祝日だから混みますよね・・・ジブリだもの。私だってアニオタだから空いてたら見たかったです。

「パンツ専門ポーズ集」を買ってきた

 ネットで話題の「パンツ専門ポーズ集‐パンツが大好きだから、大至急パンツを描きたい!」サイトウ零央/玄光社を買ってきました。

 

https://www.amazon.co.jp/dp/4768309054/

 発売以来、ずっとAmazon書籍売り上げランキング20位以内をキープしているという驚異の書籍です。

 29.6×22.4cm〔A4より一回り大きい〕で200ページ総カラーの大冊であります。

 元々は「女の子のパンツ」を描くための写真資料集なのですが「フェチ」的写真集の価値も十分あります〔絵が下手で描かない私もフェチ的写真集として購入いたしました〕。

 内容は色々なシチュエーションでパンツが見えてる女の子の写真を種々の角度から撮影したものを大小取り混ぜて乗せています。例えば「生徒会長が読書をしていたら、つねにパンツトラップは発動している」「ゴシック名美少女が0.1パーセントの確立で見せるパンツが強烈に刺してくる」等々・・・表題を打ち込んでいたら改めて凄い本だと実感しますね。私は「・・・〔自己規制〕」が好きですね〔ご想像にお任せします〕。

 モデルさんもみんな可愛いし、写真としても大変綺麗に撮られているので、ぼんやり眺めているだけでも価値がありますね。本当に目の保養です。

 「Tバック+ガーター」のシチュエーションが4ページなのが個人的には寂しいですが第2弾あたりで出していただけると嬉しいですね。

 

 発売後しばらく本屋で見ないぐらいでしたから〔4月7日発売〕実際に売れているのだろうと思っていましたが私の購入したのが第3版〔4月26日発行〕でした。この手の本が1刷り何冊か知りませんが、この短期間で3刷りまで行くというのは今の出版不況下では珍しい話です〔値段も税込み2700円と安い本ではない〕。こういう本が売れる事は個人的に嬉しい事ですね・・・街の本屋に平積みになると今のご時世、文句を言う連中が出てきそうで嫌なんですが。

 

 とにかく、「女の子のパンツを履いた姿」を描きたい人や「フェチ」気質のある女の子の写真が好きな人にとっては良書と思います。私は買って損をしたとは思いません、得したと思っております・・・後は本棚のどこに納めようか考えております、私の壁一面本棚はカオスですから。

「特別展江戸の戯画」を見に行ってきました

大阪市立博物館特別展「江戸の戯画‐鳥羽絵から北斎国芳暁斎まで」を今日、見に行ってきました〔4月30日〕。

 

www.osaka-art-museum.jp

 ゴールデンウィーク中なので朝早く来ましたが混雑しておりました。横にある動物園はチケット売り場に行列が出来ていました〔子供連れは大変だろうな〕。

 第一章「鳥羽絵」・・・いきなり大岡春卜「画本手鑑」から放屁画です〔笑〕、マンガのルーツの一つはここにあるのでは無いかと思うような軽いタッチが良い作品が並んでいます。

 第二章「耳鳥斎」・・・初めて見る作者ですが今回の展覧会最高の収穫であります。なんと力が抜けて緩い絵でしょう、それが素晴らしい。みんな緩いんです「地獄図絵」も「仮名手本忠臣蔵」も「梨園書画」も「あらし小六過去物語〔歌舞伎役者三代目嵐小六追善本〕」も緩い、地獄の閻魔様ですら緩い・・・顔の表情が良い、見てる方の顔が微笑んでしまう絵です。

 いい絵が見られてよ語った。

 第三章「葛飾北斎」・・・世界の北斎です。今回は戯画がテーマなので人物がメイン、北斎漫画も展示されています。

 第四章「国芳」・・・動物画と擬人画、特に「猫」ですね。そして「金魚づくし」が展示されています。

 第五章「滑稽名所」・・・各地の名所で滑稽な事件が起こる絵。転けたり見ずに落ちたり馬が漏らしたり荷物が崩れたり・・・お約束と言えばお約束ですが〔ドリフのコントのご先祖様ですね〕。

 第六章「暁斎」・・・この人は江戸だけじゃなくて明治にも作品を残している人です。明治なると絵のテーマもタッチも変わっていきますね。北斎漫画も良いけど暁斎酔画も味わいがあります。「鳥獣戯画 猫又と狸」の下絵の猫の表情がぎっしり書き込まれていて怖くて素晴らしいです、そして「布袋の蝉取り図」の力の抜けたあっさりとした絵も良いです。

 江戸の戯画が現在のマンガの源流の一つという考え方が出来ると思いました。

 

 展示作品200点を超す見応えのある展覧会でした。

 大阪市立美術館の近所にある「あへのハルカス美術館」で展示されている「ボストン美術館浮世絵名品展鈴木春信」も行われています〔一緒に見てきました〕。

 絵暦が多く展示されています〔解説がないと理解できないぐらいの細かい埋め込みになっています、凝り過ぎの感があるぐらい〕。恋愛と日常の作品が多いですね〔現存が1点しか無い作日も来ています〕。

 セットで見ると良いと思われます。

 今日は江戸の絵画がいっぱい見られて良かったですね。

「超駆逐艦 標的艦 航空機搭載艦‐艦艇学入門講座」を読んで

「超駆逐艦 標的艦 航空機搭載艦‐艦艇学入門講座/軍艦の起源とその発展」石橋孝夫/光人社NF文庫を読み終わりました。

 超駆逐艦標的艦・航空機搭載艦というあまり聞き慣れない艦種についてまとめられた一冊であります。

 厳密に言うと超駆逐艦という艦種は正規の艦種名ではありません、英語ではスーパー・デストロイヤーから翻訳されたものだそうです。最初に駆逐艦の歴史を説明した後で超駆逐艦の解説であります。元祖・駆逐艦の国イギリスそしてフランス、日本、アメリカ、ドイツ、ソ連、中小海軍国について説明。

 超駆逐艦に対して厳密な定義がないので作者の感覚で艦が選ばれています。例えば日本の軽巡洋艦夕張も「超駆逐艦」と呼んでおかしくないと書いています〔言われてみれば、そうかも知れない〕。

 時代も駆逐艦という艦種が出来たときから第一次大戦・大戦間・第二次大戦・戦後・現在まで解説されているが良いです〔第一次大戦についての日本語資料は少ないですからね〕。

 標的艦の記事は珍しいのでありがたいですね。イギリスやアメリカの標的艦はもちろんの事、日本海軍の標的艦の記事もあまり無いですからね・・・海軍が用いた標的の記事も載っていいます。

 航空機搭載艦については航空機の前の気球の時代から書かれています〔これも貴重〕、南北戦争当時から艦の上で気球を運用してたのですね、凧も使っていたのですね。その後、普通の航空機の運用、空母の歴史、最後に潜水艦における航空機の運用の解説です。

 図面も多数載っております。珍しい艦の資料も多くて面白かったです。

「百合展2018」に行ってきた

 なんばパークスで行われている「百合展2018」に3月31日に行って参りました。

百合展2018

 入場無料です。

 女性が多くて私のようなおっさんが一人で行くと浮いてしまうかと思ったのですが若い男性が多い会場でした、もちろん女性も大勢来られてました〔おっさんは少なかったな・・・〕。

 展示の中心は百合系コミックの有名作品の原画〔複製を含む〕がメインに3次元実写の作品〔「ふとももの世界」のゆりあさんの作品等〕が加わった形となっております。

 最近アニメ化されたサブタロウさんの「Citrus」や志村貴子さんの「青い花」、私が好きな雪子さんの「ふたりべや」の原画も見られました・・・コミックが好きな人には大盛り大喜びの展示です。実写系はゆりあさんなど4人の作品で少し物足りない感じです〔海上のスペースの関係もありますね・・・18人分の作品展示ですからね〕。

 作品は撮影も可能となっておりますのでカメラのご用意を忘れずに〔私のガラケーじゃ綺麗に撮れないので止めました〕

 グッズ売り場も充実しておりますよ・・・展示された作家の原作はたいてい買えるようになっております。

 

 さてさて、この百合展、東京では会場変更となりました。

news.livedoor.com

 マルイが忖度したようですね・・・悪い忖度ですね。

 誰でも見られるような状態になっているわけでも無い作品を多少の抗議で中止するようでは文化の自滅です。今回の展示を見た感じで私としては外に出して問題があるような作品は無かったです〔「百合」行為自体を認めないという人は別として〕。

 抗議をしているのがポリコレ連中で、その暴走によって中止となったとしたら・・・考えたくも無いですが・・・多様な文化は間違いなく消滅して無味乾燥な何の楽しみも面白さも刺激の無い世界が来るでしょう、そんな世界に生きたくないですね。

 ちゃんと一般空間と区別されたところで内容が判っている展示なんですから何の問題があるのでしょうか?と私は思います〔見たくなければ入らなければ良いだけですからね〕。

 この日本に豊かで多様な文化が共存できますように。

「アリエナイ理科ノ大事典」をしばらく前に買ってきた

「アリエナイ理科ノ大事典」三才ブックスをしばらく前に購入いたしました。

https://www.amazon.co.jp/アリエナイ理科ノ大事典-薬理凶室/dp/486673034X/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1521370323&sr=1-1&keywords=アリエナイ理科ノ大事典

 この本は「アリエナクナイ科学ノ教科書」の「くられさん」名義ではなく「薬理凶室」名義となっております。薬理凶室室長くられさんだけでなくPOKAさん、亜留間次郎さん、レナード三世さん、淡島りりかさん、yasuさんの共著です。

 薬理教室室長くられさんお約束の気合いの入った前書き〔後書きも〕から始まる本著は「ラジオライフ」「ゲームラボ」に掲載された記事を再編集した一冊となっております。

 前書きに「麻薬も作れぬケミストは一流とはとてもいえませんし、銃を作れない機械工は失格でしょう〔下線あり〕」と書かれているので私は失格者ですね〔Wikiの「薬理凶室」欄に私の名前が未だに残っているのですが・・・〕というのは置いといて内容はとてもとても濃いです。普段の「ラジオライフ」や「ゲームラボ」じゃ数ページですが全部まとめると強いですね。なにしろ300ページちょっとありますからね。でも一つの記事は数ページなので区切りをつけて読んだり自分の興味あるところから読むのも良いと思います。

 分類はトピックス・生物・化学・物理・放射線学・補講と分類されています。簡単にできそうなものから、「とても素人には真似できません」まで幅広いです。「真似できません」作品も文章を読めば色々なことが判るし学ぶことが出来ます。放射線学は事故以来いろいろな記事があちこちに載っていますが全く理解せずに書かれている文章が散見されますので、しっかり読んで知識を身につけましょう。

 残念なのはカラーページが少ないこと〔価格との兼ね合い?〕、「カラーの方が判りやすいのに」という記事が幾つか・・・例えば生物の「激ウマフードを科学的調理で作る」や「レア毒草探検ガイド」「身近に潜む毒草一挙だし」などはカラーだともっと判りやすいのに、と思います。

 いろいろ書きましたが費用対効果抜群、読み応え十分、他に類無しの名著であります。ゆっくり味わいながら読める一冊であります〔買って損無し〕。