「ワンダーJAPON」1号を買ってきました

「ワンダーJAPON」スタンダーズ社刊を買ってきました。

ワンダーJAPON(1) (日本で唯一の「異空間」旅行マガジン!)
 

  2005年から2012年にかけて発売された「ワンダーJAPAN」の後継本であります。

 待ちに待った発売でしたね。

 副題の「日本の異空間旅行マガジン」とあるように変な建物や廃墟などを初回してくれる本であります。「ワンダーJAPAN」が休刊している間は「八画文化会館」が唯一に近い存在でしたからね〔「ラジオライフ」の連載はありましたが月に2〜4頁でした〕。

 

 それでは本文の感想を書いていきたいと思います。

 

 トップが「野間台調圧塔」・・・こんなモノが存在している事すら知りませんでした、格好いいです。

 「たのしい公園遊具の世界」・・・「キノコ」が味わい深い。

 特集は「東京《異空間》旅行」です。

 東京は案外、広いので色々なモノがあります。

 最初は「イグアナクレーン」・・・なんとも言えない造形。

 「スガヌマ立体車庫」・・・これは凄い、480台のトレーラーシャーシが収納できるトンデモ施設〔解説文の字の色が背景と近くて読みにくいのが難点〕。

 「船堀タワー」・・・格好いいが倒れそう。

 「野方文化マーケット」・・・こんな所がまだ残っているとは。

 「老眼めがね博物館」・・・これだけ並ぶと壮観、羅列の美学。

 「モンガイカンの建築散歩」・・・見ているだけで楽しい。

 「ニュー秘宝館」・・・滅び行く「秘宝館」に新顔登場。

 「奥多摩工場」・・・工場萌の濃縮空間。

 「アキバの謎の自販機コーナー」・・・本当に謎の空間。

 他にも興味深い物件多数。

  特集以外の記事について

 「碧き世界の廃墟たち」・・・日本の海に沈む船舶と戦闘機、このシリーズでは初めてのモノ。月刊「丸」に連載されいる「海底のレクイエム」の日本版といった感じ。

 「おもしろミニ展望台カタログ」・・・良い形のが多数、探せば他にも良いものがありそう。

 「須磨ベルトコンベヤトンネル」・・・通称「神戸市株式会社」の真骨頂だった「山から海へ」を支えた土砂運搬トンネル、中はなかなか見られないので貴重。

 「三弦橋マニアックス」・・・これも珍しい、こんなにあるんですね。

 「奇天烈ラブホテルの世界」・・・これも面白い。

 他にも色々な記事、オールカラーで大変、内容が濃かったです。引きこもり系の私のような人間にはありがたい本であります。

 「ぼぉ〜」っと眺めるも良し、本文をじっくり読むも良し、8年待った甲斐あり。

 次号発売も期待しております。

「超・名品展」兵庫県立美術館に行ってきた

 「超・名品展」兵庫県立美術館に6月6日に行ってきました。

www.artm.pref.hyogo.jp

 コロナ自粛が終わってから初の展覧会であります。

 前日までに予約、マスク着用、入り口で体温検査、係員さんはマスクの上にフェイスガイド着用〔ご苦労様です〕という物々しい空気〔嫌な時代でございますね・・・コロナの一刻も早い退散を〕

 兵庫県立美術館開設50周年記念と言う事で1870年代から1970年代の日本の名作〔絵画・彫刻・写真〕を取りそろえてあります。この間の有名作家の作品は一通り揃っております、ただし一人1〜3作品となっております。

 それでは印象に残った作品を書いていきたいと思います。

「豆腐」高橋由一・・・最初の展示作品が「豆腐」です。

「ピエトロ・ミカの服装の男」松岡寿・・・鋭い目が凜々しいです。

「老父」長沼守敬〔彫刻〕・・・いい顔です。

「景色」本多錦吉郎・・・良い農村風景。

「鹿、青春、光り、交叉」普門暁、「サディスティッシュな空間」村山知義、「ペシミストの祝祭」岡本唐貴など・・・1920年代の抽象画は好きです。

「ねて居る人」萬鐵五郎・・・独特な雰囲気が漂っています。

リュクサンブール公園佐伯祐三・・・佐伯祐三の真作。良い作品です。

「唄へる女」梶原緋佐子・・・なんとも言えない女性の表情。

「夏景山水図」「竹窓聴雨図」富岡鉄斎・・・迫力があります。

「鳥籠」古賀春江・・・古賀春江の見た事の無い作品が見られて嬉しい。

「大楠公馬上奮戦の像」斎藤素巌・・・湊川神社に奉納された像の原型、神戸にふさわしい作品。

大石田最上川」金山平山・・・美しい春に向かう風景。

「人と魚」桂ゆき・・・1954年作品で第五福竜丸事件を題材にしているにかかわらずポップな感じになっている不思議な作品。

 他にも横山大観菱田春草黒田清輝藤島武二岸田劉生小出楢重橋本関雪梅原龍三郎小磯良平棟方志功中山岩太安井仲治草間彌生吉原治良東山魁夷岡本太郎など有名作家の作品がずらりでです。

 十分、楽しめる展覧会でありました。

 図録が1000円でとってもお買い得〔普通の図録より少し小さめですが問題なしです〕。

 この展覧会はコロナのせいで6月2日〜6月7日までの超短期開催となっております、私も滑り込みで見に行く事が出来ました。せっかくこれだけ集めたのに超短期開催はもったいなすぎますね・・・次の展覧会の準備や借りた作品の返却期限等もあるので仕方ないのでしょうけど。

 常設展2020年度コレクション展動く!美術も良い作品が揃っていました。

 

 非常事態宣言前最後に行った展覧会が2月ですから3ヶ月以上展覧会に行ってなかった事になります、最近では珍しいほど間隔が開いてしまいました〔2000年代後半から2010年代前半はほとんど展覧会に行かなかった時期はありますが〕。

 久しぶりに本物の絵を間近に見ると普段より大きな感動がありました。

 コロナ騒動と「新しい生活様式」のストレスが少しでありますが解消した気がします。魂と脳みその洗濯になったようです。

 早くコロナ騒動が終結し予約無しマスク無しで展覧会を見に行けるようになってほしいものです〔蒸し暑いときのマスクは苦痛ですからね〕。

 次に行きたい展覧会も心の中で決めています。予約しておかないといけませんね。予約すると調子が悪くなると言うジンクスもあるんですけどね〔今回は上手くいきましたが〕。

 

「世界の艦船増刊ドイツ潜水艦史」海人社を買ってきた

世界の艦船増刊ドイツ潜水艦史」海人社を買ってきましたので感想を書きたいと思います。 

ドイツ潜水艦史 2020年 06 月号 [雑誌]: 世界の艦船 増刊
 

  世界の艦船でドイツの潜水艦の特集と言えば1993年に3号連続で特集されたのと1999年に増刊として「ナチスUボート」以来だと思います。どちらも20年以上前の本ですから新しい本が出るのは喜ばしい事です。

 巻頭カラーは「最新鋭ドイツ潜水艦212A型を見る」でその後が写真頁となっています。

 写真頁は「第1次大戦終結まで」「第2次大戦終結まで」「大戦後のUボート」の3項目に大きく分かれ、その中で各型の解説と艦名・経歴、要目、図面、写真となっています〔いつもの世界の艦船スタイルです〕。U−505が米海軍に拿捕されたシーンが4ページ半に渡って掲載されているのが目立つ所。両大戦での海外からの取得艦についても載っています。

 本文は

「ドイツ潜水艦建造の歩み」大塚好古

「ドイツ潜水艦の技術的特徴」堤明夫

「ドイツ潜水艦の戦い」白石光

「輸出市場を席巻したドイツ潜水艦」野木恵一

「クラス名/艦名索引」となっていて今号は折り込み図面無しです。

 良くも悪くもいつもの「世界の艦船増刊」です。1冊あればドイツ潜水艦の概要が全部分かるという意味では良い本です。もっと詳しく各艦を知りたければ他の本を追加しましょうというスタイルかと思います。

 

 パラパラと読んでいて思う所。

 第2次大戦でドイツは潜水艦を作りまくったけど沈めまくられた・・・VIIC型なんて572隻も建造してほとんど沈められている。全体で投入されたのが1131隻で739隻沈没、乗組員の約75%戦死〔ドイツ陸海空軍の中で最も高いレート〕。

 今のドイツ海軍の潜水艦はたった6隻、昔の面影は無し・・・現役艦の再整備と2隻の追加はするみたいだが・・・外国には売り続けてますけど。

 そう言えば旧東ドイツの潜水艦が載ってないなと思って調べたら東ドイツには潜水艦が装備された事が無かったのか・・・東ドイツの海軍って印象が薄い。

「昭和40年男2020年6月号特集・俺たちが愛した東京」を買ってきた

「昭和40年男2020年6月号特集・俺たちが愛した東京」CRETE発行を買ってきましたのでいつものように感想を書きたいと思います。

昭和40年男 2020年6月号 [雑誌]

昭和40年男 2020年6月号 [雑誌]

  • 発売日: 2020/05/11
  • メディア: 雑誌
 

  第1特集の前に「志村けんさん追悼」コメントが載っています。私たち世代の笑いのカリスマですからね、出来れば特集を組んでいただきたいです。

 第1特集は「俺たちの愛した東京」であります。関西で生まれて育って生活した私には割と遠い世界なんです〔何回か行ったぐらい〕。メディアの中の世界かも知れません。

 「松本隆の風街の歌を聴け」・・・「はっぴいえんど」以降の作品はよく聴きました。

 「青春タウンMAP」は行った事ない所が多くて・・・。

 「俺たちの坂と傷だらけの東京ロケ地散歩道」・・・泉麻人さんが紹介すると判りやすい。

 「昭和のシブいビル」・・・これは是非見に行きたい。

 

 第2特集は「昭和46年」です。

 「仮面ライダー」「ルパン三世」「ミラーマン」「シルバー仮面」「帰ってきたウルトラマン」の放送が始まった年です。そしてボーリングブーム、「さわさか律子さん」のCMをまだ覚えています。

 小柳ルミ子南沙織天地真理がデビューと言う事ですが引退された南沙織さんは山口百恵さん以上にマスコミに出てきませんよね、神話性を保つためにも良い事だと思います〔元祖、沖縄アイドルでもありますよね〕。

 「帰ってきたウルトラマン」・・・一番ちゃんとリアルタイムで見ていた作品かも、このあとずんずん冷めて斜めから見るようになった気がします。

 「新人・藤波が見たBI砲分裂の現場」・・・さすがにこの頃のプロレスは見てませんね、色々あった事は聴いておりますが、まとめという意味で良い記事〔私がプロレスを見だしたのは藤波さんがマジソンでジュニアのベルトを取った頃から〕。

 「今も舌が、心が覚えるお菓子」・・・今も定番として生き残るお菓子が発売された年だそうです。「小枝」「チェルシー」「キャラメルコーン」「ソフトエクレア」が発売された年、CMも覚えてますね、一番好きなのは小枝でした。

 

 その他の記事から〔順不同〕

 「俺たちのアイドル 森若香織」・・・ゴーバンズのボーカルですね。ゴーバンズインパクトがありましたから〔CDを借りた事あり〕お洒落でしたし。記事とは関係ありませんがドラムの人が身長が大きかった記憶があります。

 「これから歯を失わないために今できること!」・・・歯は大事、歯痛は辛いだけでなく体の他の部分には悪いですからね。

 「みくに文具のプラモ棚〔9〕地球はひとつ!負けるな『科学忍者隊ガッチャマン』・・・懐かしい、プラモは買った事無いな、欲しかったけど・・・。

 

 以上であります。

「扶桑型戦艦伊勢型戦艦完全ガイド」イカロス出版を買ってきたので内容と感想を書きたいと思います。

 季刊ミリタリークラシックに掲載された記事を再編集・加筆した1冊であります。題名の通り扶桑型戦艦と伊勢型戦艦で半分ずつとなっています。

 前半が山城型戦艦で「名シーンセレクション」「これがスリガオで伝説となった超ド級戦艦扶桑と山城だ!/上田信絵」「塗装と艦型変遷図」「CG解説扶桑型戦艦メカニズム」「日本海軍戦艦建造史」「扶桑型戦艦の建造・改装の経緯」「扶桑型戦艦の艦隊編成と運用」「艦隊決戦時の戦艦の砲戦術」「甲鉄城の咆哮‐扶桑型戦艦の戦歴」「図説扶桑型戦艦/こがしゅうと」「扶桑型と同世代のライバルとの比較」「扶桑型戦艦関連人物列伝」「扶桑型2隻の艦歴」「扶桑型仮想戦記」「扶桑型戦艦ランダムアクセス」「扶桑型戦艦フォトギャラリー」という内容になっております。

 全部読めば扶桑型の事はほぼ判る内容となっています。ミリタリークラシックでおなじみのCG解説のコーナーが詳しくて良いです。

 

 後半の伊勢型戦艦は「名シーンセレクション」「これが史上空前の航空戦艦姉妹日向と伊勢だ/上田信絵」「戦艦伊勢・日向塗装図集」「CG解説伊勢型戦艦メカニズム」「戦艦伊勢型の建造経緯」「伊勢型航空戦艦その誕生の軌跡」「永遠なる伊勢、日向‐伊勢型の戦歴」「飛行甲板における艦上機の取り扱い」「伊勢型戦艦艦長列伝」「伊勢型航空戦艦イラストレイテッド・連帯改装/こがしゅうと」「伊勢型戦艦の艦長になってみよう」「伊勢型改装案‐俺が考えた伊勢」「架空戦記・第二次マレー沖海戦の凱歌」「ランダムアクセス」「関連年表」「フォトギャラリー」

 伊勢型の方が解説があっさりしております。

 両方の記事を読めば扶桑型・伊勢型の基本についてはしっかり判る1冊となっています。扶桑型についてはかなり詳しいです。

 伊勢型より扶桑型の方が詳しいなんて時代ですよね。昔「丸スペシャル」が発売されていたとき日本海軍艦艇シリーズでバックナンバーが最後まで売れ残ったのが扶桑型だったんですよね・・・艦これのおかげですね。単純に書かれた時期が扶桑型の方が後という説もありますが。

 この本の難点と言えば写真が少ない事ですかね、フォトギャラリーはありますが合計6ページですから。

 写真が見たいという人は「世界の艦船別冊傑作軍艦アーカイブ〔7〕戦艦「扶桑」型/「伊勢」型に多数掲載されています。  

 両方揃えれば扶桑型・伊勢型についてはかなり詳しく理解出来ると思います。 

「未完の計画機‐命をかけて歴史をつくった影の航空機たち」浜田一穂著を読み終わった

「未完の計画機‐命をかけて歴史をつくった影の航空機たち」浜田一穂著/イカロス出版を読み終わりました。 

未完の計画機 (命をかけて歴史をつくった影の航空機たち)

未完の計画機 (命をかけて歴史をつくった影の航空機たち)

  • 作者:浜田 一穂
  • 発売日: 2015/04/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

  出版されたのは2015年でしばらく前ですがやっと読み終わりました。

 この本は雑誌Jウイングに連載されたものをまとめたものの第1巻であります。

 戦後に計画された機体がメインとなっております。

 第1部は「白い未完機」として「ノースアメリカンXB−70ヴァルキリー」「BAC TSR2」「アヴロ・カナダCF−105アロウ」が取り上げられています。XB−70とTSR2については「世界の傑作機」や他の本でも割と取り上げられていますがCF−105の記事は貴重。

 第2部は「アメリカの野心」、ここで注目はやはり「コンヴェアNX−2原子力爆撃機」。戦後アメリカが一番無茶した時代、原子力万能期待時代のあだ花と言える機体ですね。落ちたときの事を考えてないというか・・・発想が無茶ですね。他にはXF10F、XF−103、F−108、X−20が取り上げられています、どれも斬新な発想の機体ですが原子力爆撃機には勝てないですね〔苦笑〕。

 第3部は「奇想の挑戦」、アメリカ以外の計画機の世界です。旧ソ連の「スホーイT−4」「バルティーニVVA−14」、イギリスの「マイルズM.52」「ブリストル188」「ジャンピング・ジープ」、フランスの「ルデュック・ラムジェット実験機」「シュド・ウエスト(SNCASO)トリダン」、ドイツの「VFWフォッカーVAK−191B」が紹介されています。

 「バルティーニVVA−14」はイタリアからソ連に渡った設計者ロベルト・リュドヴィゴヴィッチ・パルティーニの人生が面白いですね、設計した海面効果機も面白いです。

 「ジャンピング・ジープ」に英国のF1チームが絡んでた話も良いです。

 

 計画機、試作機好きには良い本であります。

 2巻と3巻を買わないといけませんね。

「アリエナイ医学事典‐アリエナイ理科別冊」亜留間次郎著をしばらく前に買ってきた

 「アリエナイ医学事典‐アリエナイ理科別冊」亜留間次郎著/三才ブックス刊をしばらく前に買ってきました。 

アリエナイ医学事典

アリエナイ医学事典

  • 作者:亜留間次郎
  • 発売日: 2020/04/03
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 亜留間次郎著としては「アリエナイ理科式世界征服マニュアル」に続いて2冊目であります。

アリエナイ理科式世界征服マニュアル

アリエナイ理科式世界征服マニュアル

 

 薬理凶室といえば実験・工作系の人が多いのですが亜留間次郎さんは文献派の代表選手であり謎の経歴を持つ方であります〔本当に謎が多い人であります〕。

 その亜留間次郎さんが取り上げたテーマは「医学」、亜留間次郎さんの専門分野の一つであります。

 「Topics」「闇の医学史」「裏基礎医学」「世界の奇病・難病」「補講」の5つに分類して1項目2〜6ページでまとめられています。どこから読んでも問題なしです。

 取り上げられているテーマは興味深いものばかりです。一番最初が「ブルーベリーが目に効く説はイギリス軍のデマが元だった!?」次が「コーラを飲むと骨が溶ける説って実際はどうなの?」と畳みかけてきます。

 雑誌等連載時に話題になった「強制射精の世界」「前立腺マッサージの世界」「大正時代の性教育論」「世界の狂った処女厨達」「断面描写の真実」「キ◎タマ解剖学講座」などのテーマだけじゃないのです。

 「ガソリンの危険性」「チェーンソーの殺傷力」「麻薬と密輸の科学」「合法的な闇病院」「ドーピングの光と影」「臓器売買の最新事情」といった闇の医学問題も豊富。

 「5000人の未熟児を救った男」「天才インスリン研究者・服屋三郎」「海賊王と呼ばれた男達」はとっても良い話〔ドラマ化できそうな話も〕。

 「モーリタニア物語」「永世中立国スイスの船を守るのは海運王の私設軍隊」「ハンター財閥による障害者自立支援施設キャプスタン」も興味深い。

 とにかく知的好奇心を全方位から刺激しまくる記事が満載の1冊となっております。

 本当に面白いです。