「昭和40年男2022年10月号特集昭和の暮らしと俺たちの部屋」を買ってきた

「昭和40年男2022年10月号特集昭和の暮らしと俺たちの部屋」を買ってきたので内容を紹介しながら感想を書きたいと思います。

 今回の第1特集は「昭和の暮らしと俺たちの部屋」、懐かしの生活です。

 「俺たちの部屋プレイバック・小学生編」本棚は図鑑と漫画でしたね、絵本や小説は無かったです。鉛筆削りはあったね、ポスターは貼ってなかった気が。勉強机がクロガネブランドだったかは記憶無し〔何十年も前のことですからね〕。

 「俺たちの部屋プレイバック・中学・高校時代編」ラジカセはあった、レコードはほとんど無かった。愛読書は漫画とミリタリー雑誌でした。ラジカセはWカセットデッキでしたね、ダビングが出来るやつでした。

 「台所にモダンな風が吹いた」カラフルで花柄の食器や家電、家は母があんまり好きじゃなかったので少なかった。

 「応接間は我が家の自慢」誰も吸わないのに来客用に喫煙セットはあった。ステレオもありました、父がJAZZをよく聞いてた。

 半田健人町田忍のインタビューは興味深い。

 「団地が誘う懐かしい未来」団地に住んだことが無いです、友人が住んでいて訪ねたことはありますが。常盤平団地って昔のままですか、スターハウスも残っているんだ。

 「名作の舞台になった家」サザエさんの間取りは割と有名、広い家です。ドラえもんも有名。うる星やつらの諸星邸はじっくり考えたことが無かった、一刻館の3号室って三越さんだったっけ?記憶が無い。ハクション大魔王の家は屋根裏部屋があって憧れだったな。じゃりン子チエのホルモン屋は狭い、クレヨンしんちゃんの家は普通。魔法使いサリーの家はお洒落。

 「夢見た未来の家」現実の方が進んでいたり実現しなかったり〔家事ロボットなど〕色々。

 平山雄の「昭和30年代から40年代にこだわった昭和フリーク」レトロ湯沸かし器などが錺でなくて現役で動いていることが凄い。

 

 第2特集は「昭和64年/平成元年」

 本当に色々な事があった年。昭和天皇崩御元号が平成になりました。消費税導入、天安門事件手塚治虫美空ひばり死去、連続幼女殺人事件・女子高生コンクリート詰め殺人事件などなど。F1日本グランプリが開催されたりゲームボーイが発売された年でもありました。

 「インディープロレス団体FMWが旗揚げ」大仁田厚FMWを旗揚げするまでの出来事が本人の証言を含めて詳しく解説。新間寿が裏で動いていたのね、そこは知らなかった。UWFの真逆のことをやろうと思った、という事が大仁田厚のプロレス脳の良さ。他のインディー団体の幾つかが失敗したのをみればよく判ります。

 「プリンセスプリンセス大ブレイク」プリプリはよく聞いてました、岸谷香の証言を元に解説。

 「消費税導入」森永卓郎解説、諸悪の根源は財務省なのは今も変わらず。

 「手塚治虫逝去」早く亡くなりすぎ、水木しげるが言ってたとおり「ちゃんと寝てないと早死にするぞ」は本当だったかも、働き過ぎですよね。まだまだ描きたい作品があったとか、勿体ないです。

 

 その他の記事から

 「中高年の筋力低下」身につまされます、運動不足です。

 「俺たちのアイドル・増田惠子」ピンクレディは売れすぎでしたね、いまも頑張っておられます。

 本号も大変内容の濃い1冊でした、読み応えアリでした。

兵庫県立美術館「ボストン美術館所蔵 THE HEROES 刀剣×浮世絵‐武者たちの物語」を見に行ってきた

  兵庫県立美術館ボストン美術館所蔵 THE HEROES 刀剣×浮世絵‐武者たちの物語」を見に行ってきました。

【THE HEROES展】ボストン美術館所蔵 THE HEROES 刀剣×浮世絵−武者たちの物語|兵庫県立美術館|2022年9月10日(土)- 11月20日(日)

 最近は展覧会見学に出遅れ会期の終わり頃に行ったり見に行けなかったことが多かったので開催初日の開幕時間午前10時に時間を合わせて行きました。

 ボストン美術館は世界有数の日本美術コレクション〔10万点所蔵〕の中から刀剣と武者絵の浮世絵が今回、来日しています。

 会場に入ると「太刀 銘 長則造」が出迎えてくれます。会場には多くの刀剣が展示されていますが、どれも保存状態が素晴らしく最近作ったかのように見えるものがほとんどです〔さすがに古墳時代の直刀は痛みがありましたが〕。

 展示は時代ごとに分けられています。最初は「神代の武勇伝」素戔嗚尊雄略天皇が描かれた浮世絵です。

 続いて「平安時代の武者」、渡辺綱などの四天王や金太郎〔坂田金時〕の武勇伝である土蜘蛛退治などです。

 「源平時代の英雄」ここの中心はやっぱり源義経武蔵坊弁慶です、京の五条の橋の上での対決は重要なテーマ、これを主題にした刀の鍔は素晴らしい出来です。他にも一ノ谷の合戦や弓を射る那須与一安宅の関勧進帳巴御前・・・テーマになる場面はたくさんあります。

 「鎌倉時代の物語」曾我兄弟なとです。

 「太平記の武将たち」南北朝時代も主題はたくさん、楠木正成親子や新田義貞などです。

 「川中島合戦」戦国時代は川中島の合戦のみです。上杉謙信武田信玄の本陣に突入した有名な浮世絵がメインです。

 「小説のヒーローたち」椿説弓張月里見八犬伝がテーマです。

 刀剣も素晴らしい物が多かったですが刀の鍔に名品が多くありました、前にも書いた京の五条の橋の上の作品や土蜘蛛退治、大江山酒呑童子宇治川先陣争いなどなど素晴らしい出来でした〔照明が暗くて見にくかったのは残念〕。

 大きなテーマには「武者絵4コマ漫画」が着いており作品のあらすじが判りやすくしてあるのは大変良かったです。

 浮世絵だけで120件、刀剣は20振り、鍔は30件弱と大変見応えがある展覧会でした。刀だけでなく浮世絵も鍔も大変、保存状態が良かったです・・・ボストン美術館所蔵の作品、他にも素晴らしい物がありそうで来日が待たれます。

「サブカル昆虫文化論‐アニメ・ゲーム・漫画・特撮・玩具」を読んだ

サブカル昆虫文化論‐アニメ・ゲーム・漫画・特撮・玩具」保科英人/宮ノ下明大/福富宏和編/総合科学出版刊を読んだので感想を書きたいと思います。

サブカル昆虫文化論

 日本〔一部海外〕の現代サブカルチャーで描かれる昆虫を昆虫学専門家が考察するという1冊であります。

 最初に神話時代から太平洋戦争が終わるまでの日本人と昆虫の関わりを考察。鳴く虫・蛍・セミがメインでした。

 第2章で「霊として描かれる昆虫」、まさかいきなり『かなめも』が出て来るとは思いませんでした。蛍や蝶がメインですね。

 第3章以降でアニメ・特撮・カプセルフィギュア・ゲーム・アニメ・漫画と昆虫の関わりを考察します。特撮では仮面ライダーのモデルとなった昆虫や特撮物に出て来る怪獣・怪人の元となった昆虫の考察、ゲームと昆虫の関係では多くのノベルスゲーム〔18禁を含む〕を考察、アニメと昆虫ではセミとアニメの関係を特にセミに注目して考察しています。とにかくよく調べてあります、ノベルスゲームはよくこれだけプレイしたと感心するばかり〔知らない作品多し〕、アニメも思いっきり視聴してるし〔アニオタの私も見ていない作品も〕とにかく細かすぎる。

 第9章では「現代版虫愛ずる姫君列伝」ここでは10人のキャラクターの解説、残念なのは小箱とたん著の「スケッチブック」の虫大好き女子高生「栗原渚」が乗ってないこと、紹介されている女の子達よりずっと詳しいですよ。

 第10章でまとめとして「サブカルチャーから見えてくる現代日本の昆虫観」、戦後になってからカブトムシとクワガタの人気が出た理由などを考察。「日本人はなんて虫好きな民族だ!」というありがちな結論は出していません、諸外国に対する優越性の発見が目的で無いというのも面白いです。

 とにかく調べ倒したデータに基づき書かれたものでありながら大変、読みやすい1冊となっております。知的好奇心を満足させてくれた1冊でした。

「世界の艦船増刊傑作軍艦アーカイブ〔14〕米重巡「インディアナポリス」」を買ってきた

世界の艦船2022年9月号増刊傑作軍艦アーカイブ〔14〕米重巡インディアナポリス」」を買ってきたので感想を書きながら内容を紹介したいと思います。

 傑作軍艦シリーズの第14弾は日本海軍に沈められた最後の大型軍艦のアメリカ海軍重巡洋艦インディアナポリスです。

 巻頭は「カラー写真とイラストで見る米重巡インディアナポリス」です。カラー写真も何枚か残っています。

 続いて「米重巡インディアナポリスの被害状況公式図」、1945年3月31日日本陸軍1式戦闘機隼の特攻を受けて大破したときの被害状況の解説図です。

 「700分の1スケール洋上模型で見る米重巡インディアナポリスと日本潜水艦伊58」、タミヤのキットの作例です。

 目次に続いてモノクロ写真ページです。第1部はインディアナポリスの写真を進水時から撃沈される前のテニアン寄港じまでの写真を紹介。写真はたっぷり残っています、細部の写真も多いです。

 第2部は「装甲巡洋艦から初期の条約型重巡へ」、さすがにインディアナポリスだけではページ数が稼げないのでアメリカの巡洋艦の紹介です。装甲巡洋艦ニューヨークからノーサンプトン重巡洋艦までの紹介となっています。

 第3部は「伊号第58潜水艦」、インディアナポリスを沈めた日本海軍の伊58潜水艦の紹介です〔3ページですけど〕。

 「1/700卓上艦隊米重巡インディアナポリスを作る」「掲載軍艦キット紹介」はいつもの模型紹介です。

 ここから本文。「徹底分析インディアナポリス」は「計画経緯」新見志郎、「船体/機関/防御」小高正稔、「兵装」堤明夫の3コーナーで徹底解説、詳しくて良いです。

 「インディアナポリスの航跡」白石光で艦の歴史を詳しく解説、十分な内容です。

 「インディアナポリスvs.高雄‐日米条約型重巡の運用構想を比較する」宮永忠将で日米の比較です。

 「シャーク・アタック!海中の生きた恐怖、鮫の特徴と生態」白石光、インディアナポリス撃沈時、多くの船員の命を奪ったと思われる鮫の生態について、世界の艦船では大変珍しい記事です。

 最後にインディアナポリスの一般配置図の折り込み図面となっています。

 内容としては十分だと思います。

 このシリーズも14弾となり日米英の大型艦の多くが取り上げられました。そろそろこの分野ではネタが少なくなってきた感じがします。日米英以外の艦艇〔例えばドイツのビスマルク級戦艦〕や小型艦艇〔日本の特型駆逐艦〕、戦後の艦艇〔アメリ原子力空母エンタープライズ〕などが見たいですね。

「マン・レイと女性たち」巖谷國士著/平凡社刊を読み終わった

マン・レイと女性たち」巖谷國士著/平凡社刊を読み終わったので感想を書きたいと思います。

 この本は2021年から2022年にかけてBunkamuraザ・ミュージアムや長野県立美術館などで行われた展覧会「マン・レイと女性たち」の図録を兼ねた1冊です〔見に行きたかったけど関西には巡回しませんでした〕。

 マン・レイの愛した5人の女性そして関連した多くの女性との関係と共にマン・レイの過ごした土地別に作品を紹介していく構成になっています。

 最初に「マン・レイの女性像」を序にかえて紹介しています。

 続いて最初に活動したニューヨーク、ここでマン・レイが最初に愛したアドンラクロワと結婚、そして親友となるマルシェル・デュシャンと出会います。セルフポートレートが多い時代、そして、ダダ時代となります。有名な「コーススタンド」もこの時期。

 パリには1921年から40年まで。モンパルナスを住処とします。キキ・ド・モンパルナスやリー・ミラーと出会い付き合うこととなります。ダダ・シュルレアリスム作品が作られます、肖像写真やファッション写真も多数です。キキをモデルに「アングルのヴァイオリン」が作られました。空に浮かぶ巨大な唇が描かれた「天文台の時刻に‐恋人たち」もパリで作られました。「祈り」や「ガラスの涙」「メレット・オッペンハイム、正面を向いて横たわる裸体」「エロティックにヴェールをまとう」「ドラ・マール(ソラリゼーション)」など印象的な作品が多数です。

 第二次大戦が始まりマン・レイはハリウッドに・・・1940年から51年に滞在しました。ここでジュリエット・ブラウナーと出会います。ジュリエットをモデルとした作品も多数あります。

 戦争が終わって1951年にジュリエットと共にパリに戻り作品を作ります、そして76年に生涯を閉じます。

 と言う風に生涯と共に作品が紹介されます。付録として「人名解説と索引〔大変詳しい、なぜか何座か書いてある〕」「年譜」「参考文献」「マン・レイ、マリオン・メイエ、国際マン・レイ協会‐ある友情の歴史」「後記」が載っています。

 マン・レイの生涯と主要作品を知るには良い1冊です。

 

 

「世界の傑作機スペシャル・エディション№9川崎C−1」を買ってきた

世界の傑作機スペシャル・エディション№9川崎C−1」を買ってきたので感想を書きながら内容を紹介したいと思います。

 世界の傑作機には珍しい現役の機体です〔しばらく前にB−1Bがありましたが〕。C−2の配備に伴い現役引退も近いと言うことで刊行でしょうか?。青版で出ていたのは遠い昔ですから新版が出るのは嬉しい限り。

 カラー巻頭は試作の段階から量産まで空撮が多数です。STOL実験機「飛鳥」やEC−1の写真そして記念式典で行われるスペシャルマーキングも多数掲載されています〔C−1の部隊マーク変遷もあります〕。

 続いては機体細部の写真解説。機体外部から脚、エンジン、コクピットまで細部の写真が多数、さすが自衛隊の機体。

 「C−1 Flying Test Bed」の細部写真も珍しくて貴重、普通の機体との違いもよく判ります。

 「低騒音STOL実験機飛鳥機体細部写真解説」かがみはら航空宇宙博物館に展示してある機体を取材。

 「入間→美保C−1でのフライト」2ページです。

 「川崎C−1 005号機(無塗装銀、SKE未装備時)機体透視図」内部がよく判ります。

 「C−1塗装とマーキング」スペシャルマーキングが多数。

 「XC−1設計室の片隅から」鳥養鶴雄

 「C−1の開発と構造」三田知夫、試験装置の解説など詳しい。

 「テストパイロット利涉弘章が挑んだXC−1の飛行試験」赤塚聡

 「C−1の飛行試験にまつわる出来事」柳井健三

 「C−1運用史」松崎豊一

 「C−1 Photo Chronicle」赤塚聡。試作時の写真多数。

 「C−1 FTB Photo Album」赤塚聡。FTBの写真がこんなに載っているのは珍しいです。

 「EC−1の開発と運用」加賀仁士。

 「EC−1 Photo Album」赤塚聡。こちらも珍しい。

 「元第403飛行隊長松尾智元2空佐に訊く」

 「C−1回顧録和田賢一

 「ロードマスターの追想」今福公助・中島広幸。

 「飛鳥の開発と試験」赤塚聡。とても詳しいです。

 「飛鳥 Photo Album」

 「C−1ファミリー図面」で終了です。

 とにかく内容が濃い1冊です。スペシャルエディションにふさわしい内容ですね。これがあればC−1の機本知識は判ります。

「スポメニック‐旧ユーゴスラヴィアの巨大建造物」ドナルド・ニービル著/グラフィック社を読み終わった

「スポメニック‐旧ユーゴスラヴィアの巨大建造物」ドナルド・ニービル著/グラフィック社を読み終わったので感想を書きたいと思います。

 スポメニックとは旧ユーゴスラヴィアで作られた記念碑です。大戦後、産声を上げたばかりのユーゴスラヴィアは多くの国、言語、民族からなる国家でした。ユーゴスラヴィアの理想となる「同胞愛と統一」の基礎構築を助けるために共産党が採用したのがスポメニックという記念碑と記念空間でした。

 と言う訳でユーゴスラヴィア中に記念碑が建てられ、それを1冊にまとめたのがこの本です。各スポメニックごとに名称・場所・完成年・デザイナー・サイズ・素材・歴史・デザインと建築・位置づけと状態についてまとめられています。

 各スポメニックの元になる〔作られた起源〕を読むとユーゴスラヴィアの大戦中の苛烈な歴史が判ります〔この本ではこれがメインじゃ無いかと言うほど詳しく書かれています〕。枢軸国とパルチザンが地域の取り合い、それも一度じゃなくて二度、三度と取られたり取り返したり、そのたびに多くの犠牲者が出ています。その勝利や犠牲者の追悼の記念碑がスポメニックです。

 さらに悲劇は1990年代に起こったユーゴスラヴィア内戦、これで多くのスポメニックが壊され荒れるがままに放置されてしまうことになります、一部のスポメニックだけが今でも手入れされています。

 スポメニック自体は巨大で抽象的な建造物となっています。あえて抽象的な形にしていると思われます。よくぞ、これだけ大きな建造物を国内に多数作ったものだと思います。それほどまでに国の統一を目指したかったのでしょう〔しかしチトーの死後、崩壊してしまう〕。

 巻の帯に「歴史が生んだ、ディストピア世界」とありますが、まさにその通りです。

 変な建築目当てに買った本ですがユーゴスラヴィアの歴史の一端を知ることが出来ました。もちろん変な建造物が多数見られたのも良かったですが・・・歴史の方が重かった。