読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「アリエナクナイ科学ノ教科書〜空想設定を読み解く31講〜」くられ著を購入した

買った本

「アリエナクナイ科学ノ教科書〜空想設定を読み解く31講〜」くられ/ソシム

 薬理凶室リーダー・くられさんの新作が発売になったので購入しました。

 今回は「アリエナイ」でなく「アリエナクナイ」科学の教科書であります。

 SFやアニメ・ゲーム・映画で登場する空想科学はどこまで実現するか?実現したか?最新科学の現実から解説します。

 不老不死・生命創造・神からネコミミ娘・吸血鬼・ステータス異常まで広い分野、普通の科学本なら取り上げないところを取り上げるのがくられさんの本です。テーマの選び方もらしいですね、夢ばかりでもないし悪夢ばかりでもない、毒気とユーモアも忘れない、萌でもない〔私は「萌え」好きですけどね。くられさんも昔、「もえたん」を編集された方ですけど〕

 自然科学の進歩は大変早いものです、物理に化学、生物、地学、医学、工学、ハードにソフト・・・これらの進歩を全て理解するのは大変、専門書を読み込むのも大変だしネットに書いてある事を探すのも大変、といってあんまり簡単に書いてある本も食い足りないです。

 そんな時にちょうど良い本だと思います・・・さて、これから読み込むぞ!

 自然科学全般にサブカルチャー〔コミックやアニメ、ゲームをサブカル扱いするのも時代遅れな気もしますが〕に詳しい人は居ても文章が書ける人は少ないですからね・・・私を含めて理系の人は文章書くのが苦手な人が多いですからね。

 

 さてさて、この私も「アリエナイ理科ノ教科書」シリーズの「2B」と「3C」に少しだけ関わった人間であります〔その後色々ありまして・・・以下略〕、普通の自然科学の本に無い世界観なんですよね・・・こういう、ある意味「毒気」が入っている本って良いと思います。この手の本が長く続いていくことが理系の人間を増やすことや自然科学の知識の増加の一助にならば素晴らしいことです。生真面目な本ばかりじゃなかなか寄りつきませんもの。

 今の日本のマスコミは文系ばかりで本当に理系の知識がある人が本当に少ない、理系と言って出てくるのは医者と気象予報士ぐらいですかね・・・医者は賢いけど医学は自然科学のほん一分野、気象予報も同じ。おかげで日本人がノーベル物理学賞や化学賞を取った時の報道の酷いこと〔医学生理学賞は医者が解説するから何とかなってるけど〕。原発事故の後も〔以下略・・・〕。マスコミの知識がないのは自然科学だけじゃない、と毒づきたくなります

 

 追記・「ネコミミ娘」の作品に「ゲゲゲの鬼太郎〔の猫娘〕」が入ってるけど、猫娘の耳って尖ってるだけで今のネコミミとはちょっと違う気が・・・ここは元祖ネコミミ綿の国星大島弓子かと・・・と細かい点を書いてみる〔嫌な性格〕