読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最大の敗者はマスメディア・・・米大統領選が終わってしばらくたって

 米国大統領選が終わってしばらく立ちました。

 しばらく立って色々な事を考えてみました。

  〔以下、敬称一部省略・・・過激な言葉があるかもしれませんがご了承ください〕

 

・最大の敗者はマスメディア

 ほとんどの予想はヒラリー・クリントン勝利の予想。

 唯一、トランプの勝利を予想したのは木村太郎氏だけ、それも去年から予想していたと言うのが凄い・・・他は惨敗ですね。

 負け惜しみのようにトランプ批判を繰り返すばかり・・・これじゃ駄目。

 もうマスメディアは民意を汲み取れなくなりました、信用されてないのでアンケートにもちゃんと答えてもらえません。自分たちが嫌われていることにも気づかないようですね。

 信用されなくなった理由は「マスメディアによる思想の押しつけ」、自分たちに都合が良いことを勝手に「正義」として押しつけてくるのにアメリカ国民はうんざりしてしまったんだろうと思いました。

 「決めつけ」にもうんざりですね・・・「高学歴高収入」の人達が応援するヒラリーVS「低学歴定収入」の人達が応援するトランプという構図の押しつけ・・・実際に大規模調査した結果だと低所得者より中・高所得者層の方がトランプ支持率が高かったそうです。

 行きすぎた「ポリティカル・コレクトネス」への反発も大きいのでしょう・・・アメリカで公共の場ではキリスト教信者以外の人達に配慮して「メリー・クリスマス」という言葉は使わないようにしましょう・・・なんて言われたら熱心なキリスト教徒が多いアメリカでは反感を呼ぶのは当然です〔フランスでは学校にロザリオを着けていくのが禁止されている学校もあるとか・・・来年の選挙で極右政権が出来そうな予感がします〕。

 都市の人達の意見ばかりを汲み取るのも問題・・・今のアメリカ大都市〔ニューヨークやサンフランシスコなど〕はグローバルリズムで「おいしい思いをした人」、これから「おいしい思い」をしたいと思ってる人、その人達のおこぼれを狙ってる人達が多数です、そりゃヒラリーを応援するでしょうね。でもアメリカってある評論家さんが言ってたのですが「アメリカは巨大な田舎」だと・・・。

 日本のマスメディアも酷いですね・・・とにかくトランプ批判・・・日本にとって大事なのは「トランプといかに上手く付き合って日本に利益になるように動かす」じゃないでしょうか?

 日本のマスコミも「マスゴミ」って言われるぐらい信用されてませんからね。

 

ヒラリー・クリントン

 トランプも嫌われていましたがヒラリー・クリントンも嫌われていました。ただトランプには雨が降ろうと槍が降ろうと投票する熱心な支持者がたくさんいましたがヒラリーにはあまりいませんでした。

 トランプには良いか悪いか判りませんが「やりたいこと」がはっきりしてました、でもヒラリーには何がやりたいかよく判りませんでした。「女性初の大統領を目指す」戸のことでしたが大統領になった後が見えなかったような・・・オバマ大統領のように「Change」「Yes,We Can」と言ったキャッチフレーズも浮かんできませんでした。

 もう何十年も政治の世界にいるのにこれといった実績も浮かんできませんし、ひたすら「既得権益を擁護する人の代表」みたいになったのでは支持者は増えません。

 ヒラリー以外の民主党候補がアメリカでは極左とも言える社会主義者サンダース、学費無償化などを訴えたので学生には人気でしたが・・・ヒラリーもサンダースの公約のいくつかを飲み込んでおけば学生達の支持が取り付けられたかもしれませんが・・・トランプを選んだ共和党もあれですがクリントンとサンダースから選ばないといけない民主党も・・・。

 ヒラリーは「メール漏洩事件が敗因」と言っていますが・・・候補討論会の時にも国家秘密をバラしちゃったみたいですし〔アメリカが攻撃を受けてからの対応時間を思わず言ってしまったらしい〕、中国人民解放軍の関連企業からの献金疑惑もあるようです、負けた日も家に帰ってから大暴れして手が付けられなかったとか〔そのせいで記者会見が遅れたという〕・・・トランプの問題点ばかり指摘されましたがヒラリーも・・・。

 

・日本の対応

 日本のマスコミの唯一の勝ち組は上に書いたとおり木村太郎さんのみ・・・他は駄目。

 政治はどうでしょう?

 安倍首相は各国首脳の中で一番早くトランプと会談・・・どうせ会わないといけないんですから早い方が良い。

 去年のうちから外務省に「念のためにトランプについて調べておいて」と言っていたそうで、感が良いというのか運が良いというのか・・・それに対して外務省は「トランプなんて絶対に当選しません」と・・・本当に日本の外務省は使えない。

 そう言えばEUからの英国離脱も周りの反対を押し切ってG7の共同宣言に入れさせたところも用心深いというか・・・長期政権になるという理由がこんな所にも。

 民進党・・・当選したときに「前もってヒラリーに会っていたのにトランプと会ってなかった」と安倍首相を批判しておきながら〔実は選挙幹部と接触済み〕、会ったら会ったで「朝貢外交」と批判・・・本当に批判するだけの簡単なお仕事ですね、民進党の誰かはトランプと接触していたのでしょうか?

 トランプが安倍首相に「長期政権の秘訣を聞きたい」と言っていたそうですが・・・「無能な野党を作る」が正解になってしまいそうです。

 

 この先、世界は行きすぎたグローバリズムポリティカル・コレクトネスに対する反動が出てくるでしょう。